title

ミノクソールの効果と副作用を詳細に紹介

ミノクソールの効果と副作用について

AGAの症状を改善し、非常に優れた育毛効果が得られる医薬品として「ミノクソール」という製品があります。

このミノクソールという医薬品は、有効成分にミノキシジルという物質を配合した医薬品「ロニテン」から作られる、内服型のミノキシジル製剤です。

使用時の効果として、ミノキシジルが持つ血管拡張作用による血圧の低下や血行の改善、そして毛細血管の拡張によって起こる発毛や育毛効果があります。

副作用としては多毛症やめまい、胸の痛み、浮腫、性欲減退、そして重大な症状としては肝機能障害が報告されているため、使用時には注意も必要となります。

ミノクソールの効果

男性の誰もが悩む薄毛、この症状の改善効果が非常に高いことで知られている医薬品に「ミノクソール」という製品があります。

このミノクソールという医薬品は内服薬と呼ばれる経口より摂取するという特徴がある医薬品で、含有成分としてはミノキシジルという物質が配合されています。

ミノクソールを使用した際に得られる効果というのは非常に強いものになっており、多くの効果が得られるようになっています。

どういった効果がミノクソールにはあるのか、まずは知ってみましょう。

発毛効果

まず初めに紹介するミノクソールの効果は「発毛効果」です。

この発毛効果というのは、実はどういったことがきっかけとなり発症するのか、といったことが詳細には判明していません。

しかしある程度の仕組みといったものは発見されており、一般的にはミノクソールを服用した際に発生する「血管拡張作用」が発毛に大きな影響を与えていると言われています。

ミノクソールの有効成分であるミノキシジルは血管を拡張させる作用がある成分です。

そのため、ミノクソールを服用すると体内の血管が平常時よりも拡張した状態となります。

そして血管が拡張した状態になり、血液が流れるようになると毛根周辺にある毛細血管に、髪の成長に必要となる栄養素を多量に含んだ血液が流れていくようになり、毛髪の成長が促されていきます。

その結果、今まで頭皮には存在していたけれども成長することはなかった毛根が一気に成長を促された状態となり、髪が生え始めるようになります。

こういった血管の拡張による血液の供給量増加という作用によって、ミノクソールを服用すると発毛効果が得られると言われています。

この血管の拡張によって発生する発毛という効果はあくまで有力な仮説です。

したがって、実際には違った理由によって発毛が促進されている場合がありますが、これが今現在最も有力なミノクソールによる発毛の仕組みとなっています。

成分ミノキシジルの作用

ミノクソールには有効成分として「ミノキシジル」という物質が使用されています。

ミノキシジルは元々高血圧の症状を改善させる「降圧剤」という医薬品に使用する成分として開発されたものです。

したがって、ミノキシジルを使用した際には他の降圧剤と同じく、体内の血管を拡張させるような作用が発生します。

ミノキシジルを配合した医薬品には、経口薬と呼ばれる経口より摂取する医薬品、そして外用薬と呼ばれる患部に対して直接薬液を塗布して使用するものがあります。

経口薬の場合、服用後ミノキシジルが全身に供給されて行き渡っていくため、毛細血管をはじめとする体中の血管が拡張します。

それに対して外用薬は使用したい部位に対して塗布するため、患部に対してピンポイントで効果が現れるという特徴があります。

ミノクソールは経口薬、つまり全身の血管を拡張させる作用がある医薬品のため、服用後は全身の血管が拡張されます。

そうすると体中の血管が拡張された状態となり、全身の血行が改善されたような状態となりますが、その際に「毛包」と呼ばれる毛細血管と毛根を繋ぐ箇所の血管が拡張します。

毛包に対して毛細血管から大量の血液が送られるようになり、血液とともに送られる栄養分によって、髪を作り出す毛母細胞の細胞分裂が活性化します。

その結果、AGAによって成長が止まっていた髪も正常に生えてくるようになり、薄毛となっていた部位にも髪が生えるようになるのです。

ミノクソールの副作用

ミノクソールは有効成分にミノキシジルを配合した医薬品ですが、このミノキシジルという成分は育毛剤としてピンポイントに使用した場合、そこまで強い副作用がでることはありません。

しかし経口薬として使用し、全身に効果が行き渡った状態になると副作用が強く現れるようになり、時には心臓の働きにも影響がでるような、重度の副作用を引き起こす場合があります。

ミノクソールを服用する際には副作用に対しても知り、備える必要があります。

主な副作用

ミノクソールを服用した際に現れる副作用の中でも、比較的軽度の症状について紹介します。

まずは血圧の低下、これは血管拡張作用によって起こる現象です。

次に多毛症、これはミノキシジルによって起こる育毛効果が髪だけでなく、全身に対して発生することから起こる現象です。

これらの症状は比較的高い頻度で起こる症状と言われています。

したがって、ミノクソールを服用し始めてから全身の体毛が増えた、血圧が低下し身体がふらつくような感覚に陥った、というのはミノクソールを使用する以上回避することが難しい症状であるといえます。

そして危険性という面で見てもそこまで高くはなく、血圧の低下によって過剰なまでに低血圧を引き起こさなければ、医療機関を受診する必要もないため、過剰に不安視する必要もありません。

比較的多い多毛症について

ミノキシジルを含む医薬品を使用した際に起こる副作用、その中でも特徴的な症状が「多毛症」です。

多毛症というのは身体から生えている毛、体毛が濃くなるという症状の事で、ミノキシジルを使用し始めると腕や足といった全身の毛が服用前と比べて目視でわかる程に濃くなります。

多毛症という副作用は経口薬として使用するミノキシジルの特徴的な症状です。

身体にミノキシジルが吸収されると、全身にミノキシジルの使用効果が現れるようになり、血管の拡張や毛包への血液供給、細胞分裂の促進が発生します。

その結果、眉毛やまつ毛、ひげ、鼻毛といった部位に始まり、手足、指、陰毛といった体中の毛の量が増える多毛症を引き起こすようになるのです。

多毛症が発生するのはミノキシジル製剤を使用し始めてから早ければ3週間、遅ければ1ヶ月弱で発生すると言われています。

多毛症はミノキシジルを服用し続けている間、継続して現れ続ける症状となっています。

そして使用中断後もすぐさま多毛が治まることはなく、1ヶ月から半年ほどの期間をかけてゆっくりと元の体毛の濃さに戻っていきます。

そのため、短期間で多毛を解消したい場合はカットや剃毛といった方法で量の調節を行う必要があります。

重い副作用

ミノクソールなどミノキシジルを配合した医薬品の副作用、その中でも重い副作用として上げられているものを紹介します。

初めに循環器系の症状、狭心症やうっ血性心不全です。

これらの症状は血管が拡張される事によって起こるような症状で、胸のあたりに違和感が発生するという特徴があります。

ミノキシジルの作用によって血管が拡張すると、心臓に対して非常に大きな負担がかかるようになるため、これらの症状が発生するようになります。

そして次に「肝機能障害」です。

この症状はミノキシジルが体内で処理され、排出される際に肝臓に対して大きな負荷がかかることから発症する症状となります。

その他の重い副作用としては腎性全身性線維症、心外膜液、高カリウム血症、多臓器不全といった症状が報告されています。

ミノキシジルの育毛剤と比較して

ミノクソールに配合されているミノキシジルが引き起こす副作用というのは非常に多く、更に症状自体も比較的重い症状が多い傾向にあります。

しかしこの症状の重さというのは、経口薬として使用するからこそ起こる症状であり、外用薬と呼ばれる患部に対して塗布する育毛剤の場合、ミノキシジルを配合していてもコレほどの副作用は起こりません。

外用薬の場合、発生する症状としては患部の痒み、発疹、ほてり、赤らみ、使用箇所の多毛といったものになります。

これらの症状は特定の箇所にだけミノキシジルが作用することから起こる症状であり、全身に成分が行き渡る外用薬ほどの副作用はありません。

そのため、より安全に使用したいというのであれば外用薬を用いるというのも一つの手段と言えます。

しかし外用薬は経口薬と比べて効果が弱く、使用効果が思ったように現れない場合もアリます。

効果の強さで考えた場合にはミノクソールのような内服薬の使用が推奨できます。

ミノクソールを製造するスマート社について

ミノクソールはインドのラジャスタン州、ジャイプールという場所に本社を構える製薬会社「スマートメディサイエンス」が製造と販売を行っている医薬品です。

スマートメディサイエンス社は2013年に設立した、非常に新しい製薬会社ですが、世界各国に多くのジェネリック医薬品を輸出していることから、今注目の製薬会社と言われています。

そしてスマートメディサイエンス社は他の製薬会社には無い、非常に大きな特徴がある製薬会社で、製造している医薬品のパッケージが販売先の国によって違っているという特徴があります。

例えば日本への輸出を想定して作られているミノクソールの場合、パッケージには日本語でミノクソールという名称、そして有効成分のミノキシジル何mg、といった表記がされています。

しかしイギリスやアメリカなど公用語に英語を使用する国の場合、名称や成分名といった表記が全て英語となっています。

こういった販売先の国に合わせて表記を変えているといった工夫により、スマートメディサイエンス社の製品はジェネリック医薬品の中でも非常に高い人気があります。

まとめ

ミノクソールは有効成分にミノキシジルを配合している、ミノキシジル製剤と呼ばれる医薬品になります。

ミノクソールに配合されているミノキシジルは元々降圧剤として開発されていた医薬品であり、服用時には体中の血管を拡張させる、降圧剤としての効果を発揮します。

しかしその作用と同時に、毛根の周辺にある毛包という細胞に対して血液を送り込み、髪の細胞分裂を活発化させる働きがあるため、AGAなどの薄化粧を改善する際にも使用されています。

非常に優れた効果が有る反面、副作用の多さや症状の強さといった点でも注意が必要な医薬品となっていますが、正しく使用することができれば優れたAGAの改善効果が得られるようになっています。